発表論文

年度別版はこちらです.

論 文

  1. Norimasa Yoshida, Takafumi Saito, Planar Curves based on Explicit Bézier Curvature Functions, Computer Aided Design and Applications, Vol. 17, No. 1, pp.77-87, Jan. 2020. DOI: https://doi.org/10.14733/cadaps.2020.77-87
  2. Andrés Iglesias, Akemi Gálvez, Patricia Suárez, Mikio Shinya, Norimasa Yoshida, César Otero, Cristina Manchado and Valentin Gomez-Jauregui, Cuckoo Search Algorithm with Lévy Flights for Global-Support Parametric Surface Approximation in Reverse Engineering, Symmetry, 10(3), 58, 2018. DOI:10.3390/sym10030058
  3. Rushan Ziatdinov,  Norimasa Yoshida and Tae-wan Kim, Visualization and analysis of regions of monotonic curvature for interpolating segments of extended sectrices of Maclaurin
, Computer Aided Geometric Design, Vol. 56, pp.35-47, Aug. 2017.  DOI: 10.1016/j.cagd.2017.06.003
  4. Norimasa Yoshida, Takafumi Saito, Quadratic Log-Aesthetic Curves, Computer-Aided Design and Applications, Volume 14, Issue 2, pp. 219-226, March 2017.  DOI: 10.1080/16864360.2016.1223434   [PDF]
  5. Takafumi Saito, Midori Yamada and Norimasa Yoshida, Shape Analysis of Cubic Bézier Curves – Correspondence to Four Primitive Cubics, Computer-Aided Design and Applications, Vol. 11, Issue 5, pp.568-578, Apr. 2014.DOI: 10.1080/16864360.2006.10738484
  6. Norimasa Yoshida, Ryo Fukuda, Toshio Saito and Takafumi Saito, Quasi-Log-Aesthetic Curves in Polynomial Bézier Form, Computer-Aided Design and Applications, Vol. 10, No. 6, pp. 983-993, 2013. DOI: 10.3722/cadaps.2013.983-993
  7. D. S. Meek, T. Saito, D. J. Walton, N. Yoshida, Planar two-point G1 Hermite interpolating log-aesthetic spirals, Journal of Computational and Applied Mathematics, Volume 236, Issue 17, Pages 4485–4493, November 2012. 10.1016/j.cam.2012.04.021
  8. N. Yoshida, T. Saito, The Evolutes of Log-Aesthetic Curves and The Drawable Boundaries of The Curve Segments, Computer-Aided Design and Applications, Volume 9, Number 5, pp. 721-731, 2012. 10.3722/cadaps.2012.721-731
  9. R. Ziatdinov, N. Yoshida, T. Kim,  Fitting  G2 multispiral transition curve joining two straight lines, Computer-Aided Design, Volume 44, Issue 6, pp.591-596, June, 2012.  10.1016/j.cad.2012.01.007
  10. R. Ziatdinov, N. Yoshida, T. Kim, Analytic parametric equations of log-aesthetic curves in terms of incomplete gamma functions, Computer Aided Geometric Design, Volume 29, Issue 2, pp.129-140, February 2012. 10.1016/j.cagd.2011.11.003
  11. N. Yoshida, R. Fukuda, T. Saito, T. Saito, Compound-rhythm Log-aesthetic Space Curve Segments, Computer-Aided Design and Applications, Vol. 8, No.2, pp.315-324, 2011. 10.3722/cadaps.2011.315-324
  12. N. Yoshida, R. Fukuda, T. Saito, Interactive Generation of 3D Class A Bezier Curve segments, Computer-Aided Design and Application, Vol. 7, No.2, pp.163-172, 2010.
  13. 福田諒,吉田典正,斎藤隆文, Class A Bezier 空間曲線の対話的生成と典型的空間曲線の性質, 76巻5号, 精密工学会誌, pp.587-591, 2010.
  14. 三浦憲二郎, 上利真一, 秋江俊尚, 吉田典正, 斎藤隆文, 平面曲線に対する離散的log-aesthetic フィルタの開発とその空間曲線と曲面への拡張法の提案, 画像電子学会誌, 第38巻,第4号, pp.414-422, 2009.
  15. N. Yoshida, T. Saito, Compound-Rhythm Log-Aesthetic Curves, Computer-Aided Design and Applications, Vol. 6, No.2, pp.243-252, 2009.
  16. K. T. Miura, T. Akie, S. Agari, N. Yoshida, T. Saito, Discrete Log-Aesthetic Filter, Computer-Aided Design and Applications, Vol. 6, No. 4, pp.501-512, 2009.
  17. 佐波晶,清水エドワルド,吉田典正,北嶋克寛, 対話的な室内音響設計のための高速な音響生成システム, 精密工学会誌, Vol.74, No.11, 1231-1237, 2008.
  18. N. Yoshida , T. Hiraiwa, and T. Saito, Interactive Control of Planar Class A Bezier Curves using Logarithmic Curvature Graphs, Computer-Aided Design & Applications, Vol.5, Nos.1-4, pp.121-130, 2008.
  19. N. Yoshida and T. Saito, Quasi-Aesthetic Curves in Rational Cubic Bezier Forms, Computer-Aided Design & Applications, Vol. 4, Nos. 1-4, pp.477-486, 2007.
  20. N. Yoshida and T. Saito, Interactive Aesthetic Curve Segments, The Visual Computer (Pacific Graphics), Vol. 22, No.9-11, pp.896-905, 2006.
  21. T. Yamauchi, N. Yoshida, J. Doi, F. Yamaguchi: Efficient method of adaptive sign detection for 4×4 determinants using a standard arithmetic processing unit, The Visual Computer, Vol 27, No.1, pp. 37-46, Apr. 2004.
  22. 山内俊哉,吉田典正,土井淳,山口富士夫: 同次処理に基づく整数演算を用いた多面体ソリッドモデラ, 精密工学会誌, Vol.69, No, 8, pp.1147-1153, 2003.
  23. 吉田典正,野武健一郎,北嶋克寛: 大局的空間変形手法に基づく意匠デザインツールの提案, 精密工学会誌, Vol. 69, No.4, pp. 559-563, 2003.
  24. 伊丹由和,吉田典正,佐波晶,北嶋克寛: 複数生徒への個人指導を目的とするエアロビクスインストラクタ補助システム, 日本生活支援工学会誌, Vol.2, No.2, pp.33-40, 2003年3月.
  25. 伊丹由和,佐波晶,吉田典正,北嶋克寛: 高精度モーションスピード制御によるバーチャルエアロビクスシステム, 情報処理学会論文誌, Vol.44, No.2, pp.478-485, 2003.
  26. N. Yoshida and K. Kitajima: Adaptive View-Dependent Display of Polygon Models, Electronics and Communications in Japan, Part 2, Vol.84, No.8, pp.1-9, 2001.
  27. 山内俊哉,吉田典正,山口富士夫: 多変数Sturm列を利用した曲線・曲面の交点の存在判定, 精密工学会誌, Vol. 67, No. 3, pp.498-502, 2001.
  28. 山内俊哉,吉田典正,土井淳,山口富士夫: 浮動小数点演算ユニットを利用した 4×4行列式の適応的符号判定処理, 精密工学会誌, Vol.66, No.8, pp.1190-1194, 2000.
  29. 吉田典正,北嶋克寛:ポリゴンモデルを対象とする視界に依存する適応的表示,電子情報通信学会論文誌, D-II, Vol.J83-D-II, No.6, pp.1507-1515, 2000.
  30. 吉田典正,加納顕也,北嶋克寛:ガウス関数に基づくFree-Form Deformation−対話的なモデル変形のための基礎理論−,精密工学会誌, Vol.65, No.7, pp.971-975, 1999.
  31. 花蜜宏晃,吉田典正,楼 林,鈴木重行,山口富士夫: 浮動小数点演算ユニットを利用した適応的符号判定処理−3×3行列式の符号判定−, 精密工学会誌,Vol. 63, No. 5, pp.657-663, 1997.
  32. 楼 林,吉田典正,花蜜宏晃,山口富士夫:2次有理Bezier曲線および2次NURBSの同次表現について,精密工学会誌, Vol. 63, No.4, pp.504-508, 1997.
  33. 楼 林,吉田典正,花蜜宏晃,山口富士夫:4×4行列式法に基づく2次曲線境界を含むポリゴンに対する点の内外判定, 精密工学会誌,Vol. 62, No.12, pp.1712-1716, 1996.
  34. 吉田典正,楼 林,坂根賢一,雑賀定樹,山口富士夫:4×4行列式法における適応的符号判定処理(第2報)-同次多項式の符号判定処理 -, 精密工学会誌, Vol. 62, No. 9, pp.1267-1271, 1996.
  35. 楼 林,吉田典正,花蜜宏晃,山口富士夫:4×4行列式法に基づくポリゴンに対する点の内外判定, 精密工学会誌, Vol. 62, No. 8, pp.1177-1181, 1996.
  36. N. Yoshida, M. Shiokawa, and F. Yamaguchi: Adaptive Sign Detection in 4×4 Determinant Method – Adaptive Sign Detection Method for n-Dimensional Inner Products -, Journal of Advanced Automation Technology, Vol. 7, No. 2, pp.128-134, 1995.
  37. N. Yoshida, M. Shiokawa, and F. Yamaguchi: Solid Modeling Based on a New Paradigm, Computer Graphics Forum(Eurographics), Vol. 13, No.3, pp.55-64, 1994.
  38. 吉田典正,塩川誠人,山口富士夫:4×4行列式法における適応的符号判定処理(第1報)-n次内積計算の適応的符号判定処理及びその特性-, 精密工学会誌, Vol.60, No.9, pp.1247-1251, 1994.

著 書

  1. 宮崎大輔, 床井浩平, 結城修, 吉田典正, IT Text コンピュータグラフィックスの基礎, オーム社, 2020/06.
  2. N. Yoshida, R. Fukuda, T. Saito, Logarithmic Curvature and Torsion Graphs, in Mathematical Methods for Curves and Surfaces 2008 edited by Daehlen et al.,  LNCS 5862, Springer, pp.434-443, 2010.
  3. 吉田典正,斎藤隆文,美的曲線の全体像と美的曲線セグメント(2.3節),デジタルスタイルデザイン,精密工学会デジタルスタイルデザイン研究分科会編,海文堂, 2008.

解 説

  1. 三浦 憲二郎,吉田 典正: 美しい曲線・曲面の定式化に向けて, 精密工学会, Vol.73, No.12, 2007, pp.1295-1299.

博士論文

  • 「完全4次元処理に基づくソリッドモデリング技術に関する研究」,早稲田大学,1997年3月.

国際会議 

  1. Ferenc Nagy, Norimasa Yoshida, Interactive modeling with Log-aesthetic spirals, 11th International Conference on Applied Informatics (ICAI 2020), Jan. 31, 2020.
  2. Taisei Inoue, Norimasa Yoshida and Motonori Ishibashi, Point Cloud Analysis for the Classification of Error Proneness, The 6th IIEEJ International Conference on Image Electronics and Visual Computing (IEVC 2019), Aug. 24, 2019.
  3. Norimasa Yoshida, Takafumi Saito, Planar Curves based on Explicit Bézier Curvature Functions, CAD Conference and Exhibition, Jun. 26, 2019. (Presentation)
  4. Norimasa Yoshida and Takafumi Saito, Intrinsically Defined Curves based on Explicit B-spline Curvature Functions and their Extension to 3D, Curves and Surfaces, Archachon, France, Jul. 2, 2018.
  5. Yuichi Yoshida, Takafumi Saito and Norimasa Yoshida, B-Spline Tangential Angle Parameterization Curves for Aesthetic Design, Curves and Surfaces, Archachon, France, Jul. 2, 2018.
  6. Rushan Ziatdinov, Norimasa Yoshida, Tae-wan Kim: Visualization and analysis of regions of monotonic curvature for interpolating segments of extended sectrices of Maclaurin, International Conference on Systems of Design, Technological Preparation of Manufacture and Management Phases of the Life Cycle of Industrial Products (CAD/CAM/PDM-2017), Institute of Control Problems, Russian Academy of Sciences, Moscow, Russia, p. 134, 12-14 Dec. 2017.
  7. Norimasa Yoshida, Takafumi Saito,  Arc Length Parameterization Curves based on Explicit Polynomial B-splines, Conference on Geometry: Theory and Applications, West Bohemian Museum, Pilsen, Chech Republic, Jun. 27, 2017.
  8. Rushan Ziatdinov, Norimasa Yoshida, Visualization of the curvature and variation energy functionals for a planar quadratic Bézier curve, International Conference Geometric Analysis and Control Theory, 2017.
  9. Norimasa Yoshida, Takafumi Saito, Quadratic Log-Aesthetic Curves, CAD Conference (presentataion), Jun. 2016.
  10. Takafumi Saito, Norimasa Yoshida, Proposal of Tangential Angle Parameterization Curves, Mathematical Methods for Curves and Surfaces, 2016.
  11. Norimasa Yoshida, Takafumi Saito, Curves with Quadratic Logarithmic Curvature Graphs, SIAM Conference on Geometric and Physical Modeling, Oct. 12, 2015.
  12. Takafumi Saito and Norimasa Yoshida, Classification of Rational Cubic Bézier Curves, 8th International Conference on Curves and Surfaces, 2014.
  13. Kenji Shikano, Takafumi Saito, Norimasa Yoshida, Complete Log-Aesthetic Surfaces by Logarithmic Helical Sweep, SIAM Conference on Geometric Design(GD/SPM13).
  14. Yuji Fujii, Norimasa Yoshida, Makoto Kanda, Toshio Saito, Mikio Shinya, Mass-Spring Simulation Based on the Unconditionally Stable Explicit Method, Image Electronics and Visual Computing Workshop, 2B-4, 2012.
  15. N. Yoshida, Y. Kobayashi, T. Saito, K. Miura, G1 Hermite Interpolation of Bezier Unit Quaternion Integral Curves, Eighth International Conference on Mathematical Methods for Curves and Surfaces, 2012.
  16. T. Saito and N. Yoshida, G1 Hermite interpolation with extended Tschirnhausen cubic spirals, Eighth International Conference on Mathematical Methods for Curves and Surfaces, 2012.
  17. N. Yoshida and T. Saito, Some characteristics of log-aesthetic planar curves, SIAM Conference on Geometric and Physical Modeling (GD/SPM11), 2011.
  18. R. Fukuda, N. Yoshida, T. Saito, Interactive Generation of Compound-Rhythm Log-Aesthetic Space Curves, Image Electronics and Visual Computing Workshop, 3B-4, 2010
  19. N. Yoshida, R. Fukuda, T. Saito, Log-Aesthetic Space Curve Segments, SIAM/ACM Joint Conference on Geometric and Physical Modeling (GDSPM), pp.35-46, 2009.
  20. R. Fukuda, N. Yoshida and T. Saito,Interactive Control of 3D Class-A Bzier Curves, SIGGRAPH ASIA, Sketches, 2008.
  21. N. Yoshida, R. Fukuda, T. Saito, On the logarithmic curvature and torsion graphs, Mathematical methods for curves and surfaces, 2008.
  22. H. Kobayashi, N. Yoshida, M. Kanda, Two dimensional animation using mass-spring systems based on modal analysis, Image Electronics and Visual Computing Workshop, 1P-10, 2007.
  23. Y. Ishibashi and N. Yoshida, View-dependent animation of a large school of fish, Image Electronics and Visual Computing Workshop, 1P-11, 2007.
  24. N. Yoshida and T. Saito, Classification of Aesthetic Space Curves, SIAM Conference on Geometric Design and Computing, 2007.
  25. T. Saito and N. Yoshida, Reflection Inflection Function: A Unified Analytical Theory of Reflection Distortion for Curved Surface Design, SIAM Conference on Geometric Design and Computing, 2007.
  26. N. Yoshida and D. Sato: Interactive Visual Simulation of Ecosystems – Visualizing Fish Schools Changing the Populations-, Computer Graphics and Imaging (CGIM 2005), pp.106-111, 2005.
  27. N. Yoshida, M. Usui, Y. Itami, and K. Kitajima: Global Space Deformation and its Application to Fashion Design, Computer Graphics and Imaging (CGIM 2002), pp.97-102, 2002.
  28. Y. Itami, N. Yoshida and K. Kitajima, Effective exercise instruction system using virtual human, Preliminary Proceedings 6th EUROGRAPHICS WORKSHOP ON MULTIMEDIA, p.187, 2001.
  29. T. Yamauchi, N. Yoshida, and F. Yamaguchi: Adaptive Sign Detection Method 4×4 Determinants Using a Floating Point Processing, SIAM Conference on Geometric Design and Computing, Nov. 2001.
  30. N. Yoshida, M. Usui, and K. Kitajima: Gaussian-Based Free Form Deformation and its Application to Fashion Design, Initiatives of Precision Engineering at the Beginning of A Millennium, Edited by Ichiro Inasaki, Kluwer Academic Publishers, pp.957-961, 2001.
  31. S. Sanami, N. Yoshida, and K. Kitajima: A Proposal of Assembly Model Framework Specialized for Unified Parametrics, Initiatives of Precision Engineering at the Beginning of A Millennium, Edited by Ichiro Inasaki, Kluwer Academic Publishers, pp.962-966, 2001.
  32. N. Yoshida and K. Kitajima: Polygonal Surface Simplification of Complex Objects for Real Time Display, 4th Japan-France/2nd Asia-Europe Congress on Mechatronics, pp.752-757, Oct. 1998.
  33. N. Yoshida, A. Nakahara, and F. Yamaguchi: THE SEGMENT CHAIN METHOD: A HIDDEN SURFACE ELIMINATION ALGORITHM FOR SOLID MODELS, COMPUGRAPHICS, pp.12-17, 1992.

シンポジウム(査読あり)

  1. 斎藤隆文, 吉田典正, 方向角パラメータ曲線の提案, Visual Computing/グラフィクスとCAD.合同シンポジウム, No.3, 2016. (口頭発表採録)
  2. 吉田典正,福田諒,斎藤隆文,対数美的空間曲線セグメントの対話的生成法,Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム, No.9, 2009.
  3. 三浦憲二郎,吉田典正,斎藤隆文, 離散的log-aestheticフィルタ, Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム, No.37, 2008.
  4. 吉田典正, 斎藤隆文, 平岩智之, 曲率単調な曲線セグメントの対話的制御, Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム, pp.19-24, 2007.
  5. 斎藤隆文, 吉田典正, 加世田匠, 宮村(中村)浩子, 反射変曲関数: 意匠曲面評価のための反射形状歪みの統一的解析理論, Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム, pp.291-296, 2007.
  6. 吉田典正,斎藤隆文: 美しい曲線の全体像解明と対話的制御, Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム, pp.77-82, 2006.
  7. 吉田典正,加納顕也,北嶋克寛:ガウス関数に基づくFree-Form Deformationを用いたポリゴンモデルの対話的な変形, Visual Computing/グラフィクスとCAD合同シンポジウム, pp.61-66, 1999.

研究会

  1. 井上大成,吉田典正,石橋基範, 点群への直線描画タスクにおける点群特徴と失敗行動の関係,人間工学会関東支部第49回大会, Dec. 8, 2019.
  2. 斎藤隆文,吉田典正,位置制御と曲率制御とを両立した曲線生成技術, 画像電子学会VCワークショップ, Oct. 2016.
  3. 吉田典正, 斎藤隆文, 曲率プロットの指定による曲線の生成と対話的制御, 情報処理学会第163回コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究発表会, Sep. 2016.
  4. 吉田 典正, 斎藤 隆文,曲率対数グラフが 2 次曲線となる曲線, 画像電子学会 第 272 回研究会 in 和歌山, pp.104-109, 2015.
  5. 山田 翠, 斎藤 隆文, 吉田 典正,3 次曲線の曲率特徴解析, 画像電子学会 第 272 回研究会 in 和歌山, pp.73-77,  2015.
  6. 吉田典正,斎藤隆文,対数美的曲線について,スマートインフォメディアシステム研究会,電子情報通信学会, pp.49-52, 2013. (招待講演)
  7. 斎藤隆文,吉田典正,3次パラメトリック曲線の曲率変化の美的解析, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会,Vol.2012-CG-148, No. 1, pp.1-6, 2012.
  8. 小林勇貴,吉田典正,斎藤隆文,単位球面上における接線方向の指定による空間曲線の生成,情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, Vol. 2011-cg-144, No. 4, 2011.
  9. 福田 諒, 吉田 典正,  齋藤敏雄, 斎藤隆文, Taylor展開を用いた対数美的平面曲線のBezier曲線近似, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, Vol.2011-CG-142, No. 11, 2011.
  10. 石橋 佳明, 吉田 典正, 大規模な魚群シミュレーションのための階層的Boidアルゴリズム, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, Vol.2008, No.109, p.37-42, 2008.
  11. 吉田典正, 斎藤隆文, 対数美的曲線における複合リズム曲線の生成, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, Vol.2008, No.109, pp.79-84, 2008.
  12. 福田諒, 吉田典正, 斎藤隆文, 対話的Class A Bezier曲線, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, Vol. 2008, No.80, pp.1-8, 2008.
  13. 吉田典正,斎藤隆文, 美的空間曲線の全体像の解明, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会 Vol.2007, NO.111, pp-55-60, 2007.
  14. 小林輝,吉田典正, 神田亮: バネ−質点モデルに対する信号処理的アプローチ, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, Vol. 2007, No. 84, pp.53-58, 2007.
  15. 佐藤大輔、吉田典正: 魚の群れの捕食−被食シーンにおける動作のリアルな表現, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, Vol. 2006, No. 199, pp.77-82, 2006.
  16. 吉田典正、斎藤隆文: 美的曲線の有理3次Bezier近似, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, Vol. 2006, No. 199, pp.25-30, 2006.
  17. 吉田典正、斎藤隆文: 美しい曲線セグメント, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, Vol. 2005, No. 116, pp.97-102, 2005. (PDF)
  18. 柳瀬裕介、吉田典正、山口富士夫: 同次Catmull-Clark細分割曲面生成のための有理3次B-spline曲線網の補間, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, Vol. 2005, No. 44, pp.1-6, 2005.
  19. 佐藤 大輔、吉田 典正: 互いに競争関係にある二種の群れのシミュレーション, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, Vol. 2004, No. 70, pp.35-40, 2004.
  20. 佐波 晶,吉田 典正,北嶋 克寛: アセンブリモデルを用いた統一的パラメトリックスの視覚化, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会,Vol. 2001, No. 35, pp.1-6, 2001.
  21. 薄井優,吉田典正,北嶋克寛:衣服形状の3次元デザインシステムに関する研究, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会,Vol. 2001, No. 14, pp.1-6, 2001.
  22. 伊丹由和,吉田典正,北嶋克寛:バーチャルヒューマンを使った個人指導用エアロビクス, 情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, Vol. 2001, No. 14, pp.31-36, 2001.
  23. 橋爪宏之,吉田典正,北嶋克寛:リアルタイム表示に適した多重表現による群生する草形状モデルの研究,情報処理学会グラフィクスとCAD研究会, Vol. 1999, No. 105., pp.19-24, 1999.
  24. 伊藤淳,吉田典正,北嶋克寛:キーフレーム及びイベント駆動を用いたバーチャルヒューマンの歩行,情報処理学会グラフィクスとCAD研究会,Vol. 1999, No. 31, pp.7-12, 1999.

学会発表

  1. 秋田智希, 吉田典正, ゼミナールでの発言度合い調査のための深層学習による話者識別, 映像表現・芸術科学フォーラム, Mar. 13, 2020.
  2.  櫻井成哉, 吉田典正, ODE-Netを用いた対数美的曲線の近似, 映像表現・芸術科学フォーラム, Mar. 13, 2020.
  3. 井上大成, 吉田典正, 石橋基範, 直線描画タスクに用いる点群の特徴の解明に向けて, 映像表現・芸術科学フォーラム, Mar. 13, 2020.
  4. 宮崎大輔,結城修.床井浩平,吉田典正,金森由博,CG教育のための知識の体系化,映像表現・芸術科学フォーラム, Mar. 13, 2020.
  5. 井上大成,吉田典正,石橋基範, 直線描画タスクと模擬運転作業における注意制御の関係,第15回日本感性工学会春季大会, Mar. 5 , 2020.
  6. 井上大成,吉田典正,石橋基範, 点群への直線描画タスクにおける点群特徴と失敗行動の関係,人間工学会関東支部第49回大会, Dec. 8, 2019.
  7. 井上大成, 吉田典正, 石橋基範, 点群に基づく直線描画の特徴と失敗傾向の関係の検討, 情報処理学会全国大会,福岡大学, 4ZD-04, Mar. 15, 2019.
  8. 坂精之助,吉田典正, 視線依存型商品推薦システムに向けた視線滞留時間と潜在的嗜好の関係性, 映像表現・芸術科学フォーラム2019, 早稲田大学, Mar. 12, 2019.
  9. 斎藤隆文, 吉田雄一, 久田友海, 吉田典正, 方向角パラメータ曲線 -研究の進展状況と展望-, 画像関連学会第5回秋季大会, Nov. 17, 2018.
  10. 蟹江 桃世, 吉田 典正, 飲食店の店内レイアウト配置システム,  映像表現・芸術科学フォーラム, No. 63, Mar. 16, 2018.
  11. 井上大成,吉田典正,ウィンドウ内における2直線の類似度比較, 情報処理学会第80回全国大会, 1ZA-01, Mar. 13, 2018.
  12. 吉田雄一,斎藤隆文,吉田典正,陽的B-spline関数を用いた方向角パラメータ曲線, 情報処理学会全国大会, Mar. 16, 2017.
  13. 吉田典正,齋藤隆文,多項式B-spline ALP曲線, 精密工学会春季大会学術講演会,  Mar. 15, 2017.
  14. 石川了, 吉田 典正, 二色擬似カラー表示を用いた POS データの可視化, 第43回画像電子学会年次大会, P-3, 2015
  15. 吉田典正, Log-aesthetic curveに関する研究と今後の展望, 精密工学会秋季大会学術講演会, キーノートスピーチ, 2015.
  16. 石川了, 吉田 典正, 二色擬似カラー表示を用いた POS データの可視化, 第43回画像電子学会年次大会(ポスター), 2015.
  17. 山田 翠,斎藤隆文, 吉田典正, 3次Bezier曲線の類型化,情報処理学会第75回全国大会,Mar. 2013.
  18. 藤井祐司, 吉田典正, 齋藤敏雄, 神田 亮, 新谷幹夫, 無条件安定陽解法を用いたバネ‐質点モデルのシミュレーション, 映像表現&コンピュータグラフィックス研究会(AIT),  pp.9-12, 2011.
  19. 片山諒一,吉田典正,斎藤隆文, 5次Pythagorean Hodograph曲線の対話的生成に関する研究, 第72回情報処理学会全国大会, 2010.
  20. 福田諒,吉田典正,斎藤隆文,三浦憲二郎,Bezier形式による対数美的平面曲線の対話的制御, 精密工学会秋季大会学術講演論文集, 2009.
  21. 福田諒,吉田典正,斎藤隆文, 複合リズム対数美的空間曲線の対話的生成, 精密工学会秋季大会学術講演論文集, 2009.
  22. 片山諒一,吉田典正,斎藤隆文, 多項式曲線の曲率単調性の確認手法について, 第71回情報処理学会全国大会, pp.313-314, 2009.
  23. 吉田典正,斎藤隆文, 曲率・捩率対数グラフの性質と多項式曲線の変曲点近傍の性質, 第71回情報処理学会全国大会, pp.41-42, 2009.
  24. 藤井祐司,吉田典正,神田 亮,新谷幹夫, 非線形性を考慮したモード解析-従来手法との比較-, 第71回情報処理学会全国大会, pp.279-280, 2009.
  25. 三浦憲二郎, 上利真一, 秋江俊尚, 吉田典正, 斎藤隆文, 離散的曲線に対するlog-aestheticフィルタ, 精密工学会秋期大会学術講演論文集, pp.787-788, 2008.
  26. 福田諒, 吉田典正, 斎藤隆文, Class A Bezier空間曲線の対話的生成, 精密工学会秋期大会学術講演論文集, pp.783-785, 2008.
  27. 竹内太一, 吉田典正, 鳥居塚崇, 自動車ボディ形状の特徴を捉えるための着眼点に関する考察, 22H-04, 第10回感性工学会大会, 2008/09/08.
  28. 吉田典正,斎藤隆文,原田利宣: 曲率対数グラフおよび捩率対数グラフとその性質, 精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.35-36, 2008.
  29. 吉田典正,斎藤隆文,原田利宣: 対数美的空間曲線の全体像, 精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.133-134, 2008.
  30. 飯沼守彦、吉田典正: 組織における知識普及プロセスのモデル化, 経営情報学会2007年秋季全国研究発表大会, pp.226-229, 2007.
  31. 平岩智之, 吉田典正, 斎藤隆文, 一般的なClass A Bezier曲線の対話的生成, 精密工学会秋期大会学術講演会, pp.353-354, 2007.
  32. 野村晃, 吉田典正: GPUによるBezier曲面の適応的表示, 情報処理学会第69回全国大会, 2007.
  33. 平岩智之,吉田典正,斎藤隆文: 平面Class A Bezier曲線の対話的制御, 情報処理学会第69回全国大会, 2007.
  34. 飯沼守彦、吉田典正、齋藤敏雄: 大学研究室活動のシミュレーションに関するモデル化, 経営情報学会2006年秋季全国研究発表大会, pp.220-223, 2006.
  35. 佐藤大輔、吉田典正: 魚の群れの動作を対象とした捕食−被食シーンのリアルな表現, 画像電子学会第34回年次大会, pp.71-72, 2006
  36. 小林輝、吉田典正: 頂点分割による柔らかい物体の破壊、画像電子学会第34回年次大会, pp.69-70, 2006.
  37. 佐藤大輔、吉田典正:捕食者-被食者生態系に基づき個体数の変動する群れのアニメーション作成、情報処理学会第67回全国大会, 2005.
  38. 樋口靖和,吉田典正,北嶋克寛:復顔法に基づく顔形状モデリングに関する研究,精密工学会春季大会学術講演会,p.64, 2003.
  39. 行徳 崇,吉田典正,北嶋克寛:力学モデルを利用した解剖学に基づく顔モデル作成に関する研究,精密工学会春季大会学術講演会,p.65, 2003.
  40. 鉾之原裕智,吉田典正,北嶋克寛:筋束に基づく腕の筋肉の動作表現に関する研究,精密工学会春季大会学術講演会,p.66, 2003.
  41. 赤木康宏,吉田典正,北嶋克寛:粒子法に基づく液体のアニメーション,精密工学会春季大会学術講演会,p.489, 2003.
  42. 清水エドアルド,吉田典正,北嶋克寛:仮想空間におけるリアルタイム音響再現システム,精密工学会春季大会学術講演会,p.491, 2003.
  43. 清水エドアルド,吉田典正,北嶋克寛:室内音響再現のための音響係数の効率的な生成,精密工学会春季大会学術講演会,p.492, 2003.
  44. 行徳 崇,吉田典正,北嶋克寛: 筋肉モデルに基づく表情を伴う顔モデルの作成に関する研究, 情報処理学会第64回全国大会講演論文集, pp.843-844, 2002.
  45. 伊藤晴康,吉田典正,北嶋克寛: ファッションデザイン画からの3次元衣服モデルの構築に関する研究,情報処理学会第64回全国大会講演論文集, pp.781-782, 2002.
  46. 吉田典正,北嶋克寛: 直接変形が可能な体積を保存するFree Form Deformation, 精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, p.280, 2001.
  47. 佐波晶, 吉田典正, 北嶋克寛:アセンブリモデルにおける寸法及び運動変数に関する統一的パラメトリックス(第4報)パラメトリックス問題に特化したアセンブリモデルの構成法,精密工学会大会学術講演会講演論文集講演論文集, p.310, 2001.
  48. 石黒雅樹,北嶋克寛,吉田典正: 群生草形状モデルの多重表現を用いた動画表示の高速化の研究, 精密工学会第8回学生会員卒業研究発表会, 2001.
  49. 行徳崇,北嶋克寛,吉田典正: 筋肉モデルに基づく顔の表情作成に関する研究, 精密工学会第8回学生会員卒業研究発表会, 2001.
  50. 清水エドアルド,北嶋克寛,吉田典正: 3次元空間における室内音響再現に関する研究, 精密工学会第8回学生会員卒業研究発表会, 2001.
  51. 谷口麻紀,吉田典正,北嶋克寛:計測値に基づく人体モデルの体型変形に関する研究 , 情報処理学会第62回全国大会特別トラック講演論文集,2001.
  52. 島田敬輔,吉田典正,北嶋克寛:平方誤差距離およびガウス曲率を考慮したポリゴンモデルの簡略化の一手法 , 情報処理学会第62回全国大会特別トラック講演論文集,2001.
  53. 有賀俊夫,吉田典正,北嶋克寛: 描画速度の向上を目的とする人の視覚特性に基づく基本形状の簡略化表現, 情報処理学会第60回全国大会講演論文集, pp.69-70, 2000.
  54. 野武健一郎,吉田典正,北嶋克寛: GFFDを用いた形状変形ツールに関する研究,情報処理学会第60回全国大会講演論文集, pp.221-222, 2000.
  55. 伊藤淳,吉田典正,北嶋克寛: バーチャルヒューマンの跳躍動作作成に関する研究,情報処理学会第60回全国大会講演論文集, pp.223-224, 2000.
  56. 嶺島徹也,吉田典正,北嶋克寛: 図面入力に基づく三次元形状の寸法整合システム,情報処理学会第60回全国大会講演論文集, pp.219-220, 2000.
  57. 谷口 麻紀,北嶋克寛,吉田典正: 計測値に基づく任意の体型モデルの生成に関する研究, 精密工学会第7回学生会員卒業研究発表会, 2000.
  58. 薄井 優,北嶋克寛,吉田典正: GFFDを用いた衣服形状のデザインプロセスに関する研究, 精密工学会第7回学生会員卒業研究発表会, 2000.
  59. 島田 敬輔,北嶋克寛,吉田典正: ポリゴン曲面モデルの平滑化に関する研究, 精密工学会第7回学生会員卒業研究発表会, 2000.
  60. 二村 久美子,北嶋克寛,吉田典正: GFFDに基づく表情を伴う顔のモデリングに関する研究, , 精密工学会第7回学生会員卒業研究発表会, 2000.
  61. 能勢 照信,北嶋克寛,吉田典正: エピポーラ方程式の推定に基づく単眼視視覚誘導に関する研究, 精密工学会第7回学生会員卒業研究発表会, 2000.
  62. 吉田典正,北嶋克寛:ガウス関数に基づくFFDにおけるポリゴンモデルの細分化,精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,p.145, 1999.
  63. 吉田典正,北嶋克寛:ガウス関数に基づくFFDを利用した形状変形,精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, p.73,1999
  64. 劉挺,吉田典正,北嶋克寛:ファッションデザイナ支援システムの開発(第7報)−布の材質感の写実的表現−, 精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, p.293,1999.
  65. 佐波晶,吉田典正,北嶋克寛:アセンブリモデルにおける寸法及び運動変数に関する統一的パラメトリックス(第2報)−各類型における方程式の自動生成とその解法−,精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, p.371, 1999.
  66. 今津誠,吉田典正,北嶋克寛:バンド幅が不確定な通信環境におけるバーチャルヒューマンの動作ストリームの研究,情報処理学会第58回全国大会講演論文集, pp.199-200, 1999.
  67. 吉田典正,加納顕也,北嶋克寛:ガウス関数に基づくFree-Form Deformation,情報処理学会第58回全国大会講演論文集, pp.191-192, 1999.
  68. 嶺島 徹也,北嶋 克寛,吉田 典正: 機械図面の寸法整合システム, 精密工学会第6回学生会員卒業研究発表会, 1999.
  69. 野武 健一郎,北嶋 克寛,吉田 典正: ガウス関数を用いた人体モデルの変形操作に関する研究, 精密工学会第6回学生会員卒業研究発表会, 1999.
  70. 伊藤 淳,北嶋 克寛,吉田 典正: バーチャルヒューマンアニメーションの簡便な作成法, 精密工学会第6回学生会員卒業研究発表会, 1999.
  71. 吉田典正,北嶋克寛:視点・注視点に依存する誤差平方距離を用いたポリゴン形状の簡略化,精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, p.50, 1998.
  72. 高城正樹,吉田典正,北嶋克寛:ファッションデザイナ支援システムの開発(第6報)−布の形状変形シミュレーション−,精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, p.96, 1998.
  73. 加納顕也,吉田典正,北嶋克寛:ファッションデザイナ支援システムの開発(第5報)−人体モデルの体型の変形処理について−,精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, p.95, 1998
  74. 森永久之,吉田典正,北嶋克寛:ファッションデザイナ支援システムの開発(第4報)−衣服モデルの各種変形操作―,精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, p.94, 1998.
  75. 谷口茂樹,吉田典正,北嶋克寛:景観シミュレータのための階層的な建築CADシステム,精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, p.90, 1998.
  76. 土井淳,津金尚志,山内俊哉,山口富士夫,吉田典正:4×4行列式を対象とした適応的符号判定処理の高速化,精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, P.4, 1998.
  77. 津金尚志,土井淳,山内俊哉,山口富士夫,吉田典正:正確な演算による低次代数曲線・曲面の干渉処理の提案,精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, P.8, 1998.
  78. 山内 俊哉,山口 富士夫,津金 尚志,土井 淳,金 俊赫,吉田 典正: 終結式を利用した2次曲線・曲面の干渉処理,精密工学会第5回学生会員卒業研究発表会,1998.
  79. 佐波 晶,北嶋 克寛,吉田 典正: アセンブリモデルにおける寸法整合に関する研究,精密工学会第5回学生会員卒業研究発表会,1998.
  80. 土井淳,吉田典正,津金尚志,山内俊哉,山口富士夫:同次幾何演算の整数値データ長の増加問題に対する考察,精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集, p.479, 1997.
  81. 津金尚志,土井淳,吉田典正,山内俊哉,山口富士夫:双対原理を利用したソリッドモデリング,情報処理学会第55回全国大会講演論文集, pp.313-314, 1997.
  82. 吉田典正,津金尚志,土井淳,山内俊哉,山口富士夫:正確な演算を利用した幾何アルゴリズム−現状と今後の展望−,情報処理学会第55回全国大会講演論文集, pp.325-326, 1997.
  83. 津金尚志,吉田典正,井口浩伸,北原雅文,土井淳,楼 林,山口富士夫:クォータエッジデータ構造への稜線ループの導入, 精密工学会春季大会学術講演論文集, pp.9-10, 1997.
  84. 楼林,吉田典正,花蜜宏晃,山口富士夫:C2-spline曲線による補間曲線の生成, 精密工学会春季大会学術講演論文集, pp27-28, 1997.
  85. 土井淳,津金尚志,井口浩伸,北原雅文,吉田典正,山口富士夫:双対原理を利用したデータ構造とオイラーオペレータ,機械学会関東学生会第36回卒業研究発表会, pp.327-328,1997.
  86. 津金尚志,雑賀定樹,吉田典正,富満隆弘,井口浩伸,矢川善康,山口富士夫:幾何アルゴリズムへの符号判定処理の応用, 精密工学会春季大会学術講演論文集, pp.821-822, 1996.
  87. 花蜜宏晃,楼 林,和泉正憲,大友貴司,落合紀行,吉田典正,山口富士夫:数値演算コプロセッサを利用した適応的符号判定処理(第1報)- 3×3行列式の符号判定 -, 精密工学会春季大会学術講演論文集, pp.817-818, 1996.
  88. 吉田典正,坂根賢一,雑賀定樹,関谷秀樹,手島徹,山口富士夫:整数演算を利用したソリッドモデルの安定な集合演算, 日本機械学会第72期通常総会講演会講演論文集, pp.230-231, 1995.
  89. 楼 林,吉田典正,生田克己,千村暢孝,高元太郎,藤井敏之,山口富士夫:自然2次曲面を含む立体を対象とするソリッドモデラ(FORMS-2)の研究 – 計画および幾何演算処理体系 -, 精密工学会春季大会学術講演論文集, pp941-942, 1994.
  90. 吉田典正,塩川誠人,生田克己,大槻護郎,秦弘幸,山口富士夫:4×4行列式法における適応的演算処理(1) – ベクトルの位置・大きさの変化による内積の符号判定に必要な精度への影響 -,精密工学会春季大会学術講演論文集, pp.1029-1030, 1993.
  91. 塩川誠人,吉田典正,生田克己,大槻護郎,秦弘幸,山口富士夫:4×4行列式法における適応的演算処理(2) – 点と超平面の位置変化による行列式の符号判定に必要な精度の影響 -, 精密工学会春季大会学術講演論文集, pp1031-1032, 1993.
  92. 塩川誠人,吉田典正,生田克己,大槻護郎,秦弘幸,山口富士夫: 4×4行列式法における bit 単位の適応的無誤差演算処理及びその特性, 精密工学会春季大会学術講演論文集, pp.845-846, 1992.
  93. 吉田典正,塩川誠人,生田克己,大槻護郎,秦弘幸,山口富士夫:可変倍長整数型を用いた4×4行列式法に基づく安定な集合演算のアルゴリズム, 精密工学会春季大会学術講演論文集, pp.843-844, 1992.
  94. 中原晃,村尾高秋,吉田典正,塩川誠人,東和久,山口富士夫:ソリッドモデリングシステムを対象とするセグメントチェイン法を用いた隠れ線・面消去,精密工学会春季大会学術講演論文集, pp. 1135-1136, 1991.
  95. 村尾高秋,吉田典正,塩川誠人,中原晃,東和久,山口富士夫:4×4行列式法に基づくソリッドモデラ Forms-1 の信頼性の研究, 精密工学会春季大会学術講演論文集, pp.1131-1132, 1991.
  96. 吉田典正,河口光緒,中川純一,山口富士夫:4×4行列式法に基づくソリッドモデラの開発 -正則集合演算のアルゴリズム,精密工学会秋季大会学術講演論文集, pp.255-256, 1989.
  97. 吉田典正,河口光緒,山口富士夫:4×4行列式法に基づく完全4次元処理によるソリッドモデラの開発, 機械学会関東学生会第28回学生員卒業研究発表会, pp.253-254,1989.

日本大学生産工学部学術講演会

  1. 佐藤幹浩、吉田典正, 対話的な布のシミュレーションに関する研究, 第37回日本大学生産工学部 学術講演会 管理部会, pp.27-30, 2004.
  2. 佐藤大輔、吉田典正, 捕食者−被食者生態系における魚の群れのシミュレーション, 第37回日本大学生産工学部 学術講演会 管理部会, pp.23-26, 2004.
    (他多数)